商品情報

環境試験・受託試験

フロン排出抑制法の施行について

平素は弊社製品をご愛用賜りまして誠にありがとうございます。
以下に平成27年4月1日より施行された「フロン排出抑制法」に伴う変更点をご案内いたします。

  1. お客様の事前準備

    管理者を選出して頂き、使用されている第一種特定製品をリスト化します。
    使用されている冷媒の種類と量、冷凍機の定格出力などを把握してください。

  2. お客様の管理内容

    すべての冷凍機を有する機器は3ヶ月に1度以上の簡易点検が義務づけられます。
    またひとつの冷凍サイクルを構成する冷凍機の定格出力が7. 5kw以上の機器は簡易点検のほかに、有資格者による定期点検が1年に1度以上必要となります。
    これらの点検と修理した際の記録は装置を廃棄するまで管理、保存が義務づけられています。
    簡易点検や定期点検の内容、法令の詳細な内容は環境省のホームページをご覧ください。

  3. 当社の対象製品
    • 簡易点検対象品

      冷凍機出力7.5Kw未満の冷凍機を搭載したすべての製品
      例:ハイフレックス、コロニア、ラボニック、ジュニア等の標準品

    • 簡易点検+定期点検対象品

      冷凍機出力7.5Kw以上の冷凍機を搭載したすべての製品
      例:特機製品、ウインテク(下記別表1参照)

  4. 当社の対応

    簡易点検、定期点検は弊社でも承りますので当社代理店または各サポートセンターへご連絡ください。

【別表1】

NT1500W/ANT2000W/ANT2300W/A

尚、下記製品につきましては冷凍機メーカの出力仕様変更(7.5kw⇒7.46kw、2016年3月1日付)に伴い、定期点検の必要はありませんが、安心してエタック製品をお使いいただくため、お客様のご希望により点検を承ります。

【別表2】

NT1200WNT1510W/ANT2010W/ANT2310W/A
NT1230WNT1530W/ANT2030W/A
NT1231WNT1531W/ANT2031W/A
  • 1
  • 2

次ページ→フロン排出抑制法に伴う、「簡易点検」手順